レチノール化粧品の良さについて語ってみた

 

どうやら「レチノールクリーム」が少しずつスキンケアで流行ってきてるみたいなんですよね。メンタリストのdaigoさんも「シワにはレチノールがいい」と仰っていたそうですし。

 

まあでも、レチノールにも色々種類があるんですよ。それを見極めれないと、全く効果が出ないものを選んでしまう可能性もありますし、その辺を見分けられるようになっておきたいですね。

 

では今日は、「レチノールとは何か?」を解説しつつ、 スキンケアでレチノールの使用がおすすめできる理由をお話ししていこうと思います。

レチノールはビタミンA

 

ビタミンA

まず、レチノールはビタミンAのことなんですよね。つまりビタミンAの別名がレチノール。

 

で、ざっくり言うと皮膚にとって一番重要なビタミンがビタミンAです。ビタミンAはビタミンC・ビタミンEと同じで抗酸化ビタミンと呼ばれます。

ちなみに、ビタミンAが足りないことが肌荒れの原因になったりもするんですよね。それくらい大切。

 

【注意】レチノールにも色々ある

 

「レチノール」と僕は言ってますが、似たのに「レチナール」とかもあるんですよ。他にも、最近流行りの純粋レチノールとか。 この二つもしっかりレチノールで、ビタミンAなんですよ。ここがややこしい。

 

なので、「似たものがたくさんある」ということだけは覚えておきましょう。
ちなみに「レチノールとレチナール」は「雲と蜘蛛」くらい違いますから。 全然違いますから。

 

興味がある方はこの記事を覗いて見てください↓

レチノールの特徴・スキンケアでの効果

このレチノールですが、欧米では光老化の改善のために使われています。紫外線がシワの原因になる、と言うのはもう有名な話ですよね。 

つまり。レチノールはシワの改善効果があるようです。劇的!とまでは行かないようですが・・・。

 

効果は、しっかりと論文でこんな感じで示されていますしね。

しっかりとシワの面積比率は減少しています。

 

 

もう少しレチノールの効果を説明すると

  • ・真皮層に存在する線維芽細胞を刺激し、コラーゲン合成を促進させる
  • ・角層のターンオーバーを正常化させる
  • ・角層のヒアルロン酸合成促進効果があり、角層の水分量が増加する(シワ改善効果)

などなどの効果があります。普通にすごくないですか。

資生堂さんも最近レチノールがらみの発表をしていますしね。

 

厚生労働省がレチノールに対して「シワの改善効能効果」を認めている

 

これは先ほどのリンクのはじめの方に書いてますね。

 

化粧品はどれも具体的な効能も効果も書けないし、そんな感じで宣伝もできないんですが、このレチノールは「効果があるよ!」と言うことを認められたってことです。

 

まあ欧米では「皮膚の若返り薬」としてレチノールは使われているので、やっと日本も普通に使えるようになるのか・・・と言った感じですね。

 

 

まとめ

レチノールはビタミンAのことで、皮膚にとって大切な成分です。

 

レチノールと似たものがたくさんあるので、スキンケアでレチノールコスメを選ぶときは少し注意する必要があります。

レチノールは皮膚のシワの改善効果があるので、ぜひ試してみたいところです。

 

試したくなった方はこちらも見てみてくださいね。