花粉対策ケア用品まとめ

花粉症の時期は空気清浄機の前から動けません、わたるんです。

 

投稿(リンク)を読んだ人向けの、簡易的な商品まとめです。雑ですがお許しを。

 

読んでない方のために軽く説明しておくと、

花粉が肌につく➡肌が興奮(ケラチノサイトのカルシウム濃度の上昇)する

皮膚バリアの機能低下➡肌荒れ・炎症につながる

の流れで花粉での肌荒れになるんでしたよね!

 

対策

なので対策は。

①花粉を肌に触れないようにする

②スギ花粉でケラチノサイトのカルシウム濃度が上昇するので、それを防ぐ

の2つです。

他にも、保湿を保湿力が強いものに変える、洗顔を優しいものに変える、などがありますね。

①花粉を肌につけない 

 

まず、花粉をイオンの力で反発させ、付着する量を減らす製品を使うのがおすすめです。

IHADA アレルスクリーン

1760円 100g

 

 

50gの小さい方から試すのが賢いと思います。➡ 50g 1200円

 

 

 

アレルシャット

964円 65g

 

 

 

 

 

好きなものを使ってください。

 

  

 

②興奮した肌を落ち着かせる

花粉で興奮した肌は、トラネキサム酸によって沈静化が可能な事がわかっている。

花粉で敏感になっているお肌向けで、かつトラネキサム酸が入っている商品を選びました。ちなみに、基本的に内服(錠剤飲む)のと、外用(塗る)のでは現れる効果が違います。肝斑は内服だけど、今回は外用で。

アクアレーベル ホワイトケアローション 1540円 お手頃・おすすめ

 

エリクシール・シュペリエル

ほとんどの商品にトラネキサム酸入ってるので良さげ

 

洗顔:バリア機能を損傷させないように

弱酸性・アミノ酸系界面活性剤のものを

ミノンフェイシャルウォッシュ

保湿

セラミド化粧水はここで

セラミド乳液はここで

ライスパワーNo.11(セラミド産生促進)

ライスフォースがおすすめ

 

セラミドサプリを飲むとセラミドの合成量が増えるので、セラミドサプリもおすすめ。

ディフェンセラが続けやすかったので、個人的におすすめ

 

 

番外編

花粉症なら早めに病院いって薬をもらいましょう。

耳鼻科のほうが薬のバリュエーションが多いそうなので。コストも病院のほうがトータル安くつくと思いますし。

 

どうしても行けない人は、アレグラ等の購入をしておくと良いですね。