紫外線吸収剤って何?紫外線散乱剤って何?ノンケミカルって?

 
 
日焼け止めには小さな粒子が入っており、
その「粒子」が紫外線を「散乱」または「吸収」することで、
紫外線から日焼け止めは肌を守る、
ということをこの記事でお伝えしました。↓
 
 
それを踏まえて、
 
今回の記事は
「紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の他の特徴は?」
「ノンケミカルって何?」
「どう見分けられる?」
 
 
と疑問を持っている方におすすめの記事になります。
 
 
 

紫外線吸収剤の解説・特徴

 
まずは「紫外線吸収剤」。
   
これは紫外線を吸収できる「化学物質」のこと。
 
紫外線を吸収して、別のエネルギー(熱など)に変える。
 
 
「化学的なバリア」で紫外線から肌を守っていると考えてもいいかもしれない。
 
 
 
この現象の過程の反応が原因で「光アレルギー」を起こす人もいる。
なので、敏感肌の方は注意
 
アメリカの皮膚科学会のこのポスターでも敏感肌の方は紫外線吸収剤を避けることを推奨している。
 
「紫外線吸収剤のみ」の日焼け止めでは、
紫外線を浴びると、化学物質が変化するので、
紫外線を浴びる時間とともに日焼け止めの効果が落ちる。
なので、二時間毎の塗り直しが必要。
 
「紫外線吸収剤」を使っていない商品を「ノンケミカル日焼け止め」という。
 
よくある勘違いとして
「ノンケミカルだから、化学物質が入ってないんでしょ?」という方がいらっしゃいますが、
そういう意味ではありませんのでご注意を。
 
 

紫外線散乱剤の解説・特徴

紫外線を直接弾く物質(金属)のことをいう。
「物理的なバリア」で紫外線を守っていると考えてください。
この物質は「白色顔料」としても使われるため、ファンデーションやフェイスパウダーによく使われている。
ファンデーションなどに「SPF〇〇」という表示があるのはそのため。
 
紫外線散乱剤の欠点は白浮きしやすいこと。
紫外線散乱剤のみで白浮きしない化粧品を作るためには、
「攪拌」という混ぜる技術がかなり高くないとできない(なので、その製品は高くなりがち)。
 
 
「酸化亜鉛」は「酸化チタン」よりアレルギーの原因になりやすいので、
金属アレルギーの方は、「酸化亜鉛」を避けるとベスト!
 
粒子が肌の上に乗っている状態なので、汗や、水分で落ちる。時間が経つと減るので、こちらも二時間毎の塗り直しが必要。
 
 

この二つはどう確認すればいい?

 
「化粧品の成分表示欄」を見ればどちらが入っているか確認することができますが、
「紫外線散乱剤」「紫外線吸収剤」と書いているわけではなく、具体的な名称が存在します。
 
 
紫外線吸収剤の具体的名称
紫外線吸収剤には色々種類があり、正直覚えることができる量ではないと思います。
 
例として
メトキシケイヒ酸オクチル
ジメトキシベンジリデンジオキソイミダゾリジンプロピオン酸オクチル
ジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息香酸ヘキシル
t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン
オクチルトリアゾン・・・
などがあります。(ちんぷんかんぷんですよね。)
 
なので、
「紫外線吸収剤」が入っていない日焼け止めを探すときは、
パッケージに書いてある「ノンケミカル」という文字を探すといいと思います。
紫外線散乱剤
紫外線散乱剤は酸化チタン・酸化亜鉛の2種類と覚えておけばいいでしょう。